Blog&column
ブログ・コラム

コーチングの良さとは?

query_builder 2021/11/25
コラム
8
企業の経営者をはじめ、部署をまとめる人たちの多くがコーチングを学んでいると言われます。
そこで今回は、コーチングの良さとは何かについて見ていきましょう。

▼コーチングが持つ良さとは
コーチングには、教えることとは違う良さがあります。

■自分自身で考える
コーチングとは人の能力を引き出す手法のため、ビジネスシーンでよく用いられるのが特徴です。
かつて「仕事は教えてもらうものではなく、仕事ができる人を見て学び、自分のものにしていく」という考え方がされていました。
今でも職人の世界では「師匠の技を盗む」といった言い方がされますが、これは「教えてもらうのを待っているようではいけない」ということの表れです。
現代社会においては、なかなか自分で考えて動けない人に対してコーチングを用いて、自分自身で考えるように促します。
コーチングでは相手の考えを否定しないため、気分を害さないところが大きな良さと言えるでしょう。

■自分から動く
自分の考えを周囲から肯定されると、人は自然と自分で考え始めます。
その結果、自分自身の中に「こうしたい」という思いが生まれ、目標達成のために自ら進んで動き出すようになるのです。
考えを否定されるとやる気がなくなるのは、大人も子どもも同じですよね。
これまでの人生で得たものを伸ばすように仕向けるコーチングの力によって、自ら考えて動く人へと変えていきます。

▼まとめ
コーチングの良さとは、相手を肯定することに尽きると言っても過言ではありません。
相手の考え方を尊重し、やり方を否定しないことで、人は自ら動き始めるのではないでしょうか。
弊社は行動心理学や潜在意識トレーニングなどを組み合わせた、独自のコーチングを行っております。
お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 軽井沢でお会いしませんか?

    query_builder 2021/11/02
  • コーチングとマネジメントはどう違う?

    query_builder 2021/11/28
  • コーチングの良さとは?

    query_builder 2021/11/25
  • コーチングとティーチングはどう違う?

    query_builder 2021/11/21
  • コーチングのセッションで得られるものとは?

    query_builder 2021/11/17

CATEGORY

ARCHIVE